SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック

SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック

¥8,250

数量

  • SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック
  • SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック
  • SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック
  • SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック
  • SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック
  • SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック
  • SIWA SAMIRO YUNOKI バッグフラット M 02.グレー×ブラック
納期について
納期:2〜3日(土日祝日は休業です)
ご購入前に必ずご確認ください

※開封時、インクの匂いが強く感じる場合がございますが、通気の良い場所に広げていただくと1週間ほどで軽くなります。

※各柄のサイズ毎で同じ箇所を裁断している為、同サイズでの柄の見え方は同じになります。

サイズ

W28.0×H34.5cm(持ち手を含めた高さ:45.5cm)

重さ

約70g

素材

ハードナオロン(大直の開発した水に濡れても破れにくい強度のある和紙。 素材の一部にリサイクルペットファイバーを使用。)

生産国

日本

取扱方法

・形を整えてお使い下さい。
・濃色は多少色落ち、色移りする事がありますのでご注意ください。
・水洗いしないでください。
・汚れを落とす際は硬くしぼった布をご使用ください。
・アイロンは使用しないでください。
・高温のものには触れないようにしてください。
・濡れたものにより変色する場合があります

返品と発送について
【発送】
<ご購入3,980円以上>全国無料
<ご購入3,980円未満>
660円(税込)
北海道/沖縄のみ1,650円(税込)
ヤマト運輸でお届けします。
詳細は『発送について』のページをご覧ください。

【返品】
商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願い致します。
万一商品が破損・汚損・商品違いの場合は、商品到着後1週間以内に詳細をメール・お電話でお知らせください。 すぐに返品・交換手続きについてご連絡差し上げます。 お客様都合や返品を受けらない場合など、詳細は『返品について』のページをご覧ください。

SIWA | 紙和×SAMIRO YUNOKI
バッグ フラット M 02 グレー×ブラック

SIWA|紙和と染色家の柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)氏がコラボレーションしたモダンなデザインのフラットバッグ。

SIWAが開発した和紙(ハードナオロン)に柚木氏が書き下ろしたデザインをシルクスクリーン印刷しています。

表面はあえてくしゃっとしたシワを入れて使い込んだような独特な風合いに。柚木沙弥郎氏の力強い作品を昔から親しまれている和紙を使い、バッグという身近なアイテムに仕上げることでより身近にアートを日常で感じていただけます。

Mサイズはタブレット端末やA4ファイルなどが入る大きさで、持ち物が少ない時やサブバッグとして書類などを入れて持ち運びたい時に使いやすいサイズです。



生活に取り入れやすいモダンな仕上がり

民藝に大きな影響を受け、染色の世界へ、そして型染めの第一人者として世界で活躍する柚木沙弥郎氏。飽くことのない情熱と好奇心から生み出される作品は時に繊細で時に大胆、力強くユニークなデザインで見る人を魅了します。

SIWAとのコラボレーションデザインはモダンで洋服にも合わせやすいためファッションとして取り入れやすく、落ち着いた色合いは世代問わず使いやすいです。モダンな柄とくしゃっとしたシワ感が独特で使い手に洗練された印象を与えます。



軽く丈夫な和紙素材

プロダクトデザイナーの深澤直人氏が大直が開発した和紙のくしゃくしゃになった姿からインスピレーションを受けてデザインされたのがSIWA|紙和です。

くしゃっとした和紙の独特な表面はもちろんですが、手に取ると驚くほど軽いのも紙ならでは。破れにくく、水濡れにも強いため日常で気兼ねなくご使用いただけます。



荷物が少ない時に使いやすいMサイズ

タブレット端末や財布などが余裕を持って入ります。マチがない分コンパクトに持ち歩けるため、ショッピングや近くのカフェで休憩など持ち歩くものが少ない時に使いやすいサイズです。



SIWA | 紙和 お手入れ方法




Artist:柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)

柚木沙弥郎

1922 年東京生まれ。美術史を学ぶため東京大学に入学するも、戦争で勉学が中断される。 大原美術館に勤務した折に柳宗悦が提唱する「民藝」と出会い、染織家の芹沢けい介に弟子入りし染色の道を志す。以来、型染の第一人者として活躍。2008 年~10 年にはパリで個展を開催。現地で好評を博す。 2014 年フランス国立ギメ東洋美術館に70点以上の作品が収蔵。 現在も現役で創作に励む。