ジャンデュボ ライヨール Jean Dubost Laguiole

ジャンデュボ ライヨール

ジャンデュボ ライヨールについて

ピエール・デュポのより1920年創立。小さな工房よりスタート、 息子のジャン・デュボの代で成長し、その名がブランド名になっています。

ライヨールナイフは このティエールの地で作られるようになって200年以上になります。製品についた蜂(マルハナバチ)は この地域の象徴となっています。

ライヨールの歴史は20世紀後期に 人気を博したポケットナイフ(もともと男性用の護身用ナイフとして 使われた折りたたみ式ナイフ)より始まります。その後ソムリエナイフやブレッドナイフ、 フラットウエアなどに及び親しまれています。 ジャン・デュボ社のライヨールは クラシックでありながら カジュアルに食卓を楽しくコーディネートできます。