FULLangle

  1. ホーム
  2. ブランド一覧
  3. turk(ターク)一覧
  4. クラシック グリルパン

ターク クラシック グリルパン

鉄の塊を高温で加熱して鍛造するターク クラシックグリルパンは、深さをもたせ、両手にグリップを付けた日本オリジナルの商品です。 

取っ手が短い分、オーブンに入れることができますのでグラタンやパイ、お肉のローストなどのオーブン料理にも使えます。また、クラシックフライパンより深さがあるのでパエリアやすき焼きなどにも使いやすく、料理のメニューの幅が広がります。

タークの鍛造鍋は、熱まわりがよく蓄熱性に優れているため、食材の持ち味を充分に引き出し美味しく仕上げることが出来ます。そのためいつもの食材もシンプルに「焼く」だけでとっても美味しく仕上がります。

また、保温性に優れているため料理が冷めにくく、出来立てをそのまま食卓へサーブするのもおすすめです。アツアツな料理を長く楽しむことが出来ますし、タークの武骨な佇まいは食卓でもサマになります。

タークの堅牢なつくりはステーキを焼いてその上でナイフで切り分けても大丈夫です。また、空焚きしても劣化がありません。

使い込んでいくうちに油が馴染み調理しやすくなります。火加減なども調理する中で覚えることができ、日々使うことで料理の腕も上がりより美味しく調理することができます。





ターク クラシック グリルパン 商品一覧







ターク クラシック グリルパン


出来立てをそのまま食卓へ



フライパンに比べて取っ手が短いグリルパンなら料理をそのままテーブルへ運びやすいです。出来立て料理の登場に家族やゲストも喜んでくれるはずです。保温性もあるので冷めにくく、アツアツが続くのも嬉しいポイントです。





ターク クラシック グリルパン


幅広いメニューに対応できるグリルパン



クラシックフライパンに比べ取っ手が短いため、オーブンでの調理がしやすいグリルパン。アップルパイやグラタンなどにも対応でき、グラタンは程よく水分が抜け、ぐっと味がしまります。すき焼きに対応できるようにと企画されたグリルパンは深さを持たせ、すきやきはもちろん、パエリアなど幅広い料理を作ることができます。





ターク クラシック グリルパン


旨みを閉じ込める鉄製グリルパン



鉄のグリルパンは油の馴染みが良く熱伝導、熱の保持率が高いのが特徴です。 そのおかげで、表面をカリッと焼き、食材の旨味を中に閉じ込め、おいしく仕上げることができます。





ターク クラシック グリルパン


肉厚なつくり



タークのクラシックグリルパンは2.5mmの肉厚。そのため蓄熱性に優れ、食材の持ち味を充分に引き出しながらじっくりと安定した調理が可能です。分厚いお肉も外はカリッと、中は肉汁を溜めたジューシーな仕上がりに。野菜もシャキッと歯ごたえよく、軽い焼き目を残しながら中までしっかりと焼くことができます。(写真はクラシックフライパンです。)





ターク クラシック グリルパン


育てるグリルパン



タークの表面はコーティングも研磨されていないため、劣化していくことはありません。自分で育てていくだけです。使い込むうちにどんどん油が馴染んで使いやすくなっていったり、色が黒くなって表情が変わっていきます。こういった育てる楽しさはツルツル、ピカピカの鍋にはない魅力です。(写真はクラシックフライパンです。)






Brand:turk(ターク)

ターク

熟練した鍛冶職人のアルバート=カール・タークが、1857年にturk社を設立。鉱山のあるルール地方、ドイツの鉄製品製造の中心地に工場を構え、代々技術を受け継ぐ職人によりクラシックなフライパンを作り続けています。

turk 商品一覧を見る