野田琺瑯 イメージ

staub(ストウブ)について


1899年に美食で評判の高いフランスのアルザス地方でフランシス・ストウブにより創業し1世紀以上の歴史を誇るストウブ社。伝統かつ近代的なデザインで、技術的に進化した商品製作を行ってきました。看板製品のストウブのお鍋は、1974年にフランスの誇る巨匠三ツ星シェフのポール・ボキューズ氏らとの共同開発で生まれました。
当初、プロフェッショナル向けに開発されたストウブ製品は、多くのレストランで愛用されてきました。

現在では、ヨーロッパをはじめ日本、韓国、アメリカといった世界50カ国に輸出され、一般の家庭でも広く愛用されています。モダンで料理に最適であり丈夫な素材、鋳鉄。
ストウブ社の製品は鋳鉄に3重のエマイユ加工(エナメル質ホーロー加工)を施し、優れた耐久性、保湿性があります。本物の証拠が重さにあります。熱を逃がさず配分するため底と側面を同じ温度で調理することが可能です。

ストウブ:ピコ・ココットラウンド

ストウブ ピコ・ココット ラウンド

食材の旨味を閉じ込めて、素材そのものの味を際立たせる鋳物ホーロー鍋。テーブルで引き立つデザインも魅力。

staub ピコ・ココット ラウンド 18cm ¥24,200
staub ピコ・ココット ラウンド 22cm ¥29,700